なんとなく社会人~日々探耽求究~

ブラック企業からIT業界に飛び込んだ青年が日々の生活をつづっていきます。

ブラック企業を辞めてから今の会社に入るまで

お疲れ様です、皆さん。

最近、気温のせいかタフマンをガブ飲みしたら夜に具合が悪くなったderacineです。

 

さて、今回は前職を辞めてから今回の会社に入るまでの軌跡を語っていこうかと思います。

 

主なフローチャート

 

4月:期待に胸をふくらませ前職の会社に就職する。

 

5月:友人達との業務内容、残業時間を比較して、退職準備および転職活動をスタートする。

 

6月:最終面接まで残るようにもなるも、理想と現実のギャップと急激な環境の変化で疲れる。

 

7月:いわゆる中だるみ期、大学の後輩のところにたまに遊びに行くも

大学時代の同期との再会でやる気を取り戻す。

 

8月:内定を無事勝ち取る

 

9月:入社、研修をスタート。畑違いの分野ではあるが、内容は非常に充実していると

生の実感を得る。

 

10~12月:今の職場に配属。当初、いろいろな要因が重なって体調を崩す。

 

1月~現在:仕事自体は順調、人間関係は多少不満があるが自己の中に闇をため込み、ボクシングやランニングに精を出すことで解決。

 

こんな感じになります。

結果的に見れば転職は成功だったとおもいます

何が成功だったかなと考えれば

・ちゃんと労働基準法を守る→普通守りますが笑

・報告・連絡・相談さえしてれば、特にねちねち言われることもない!

・暴力をふるってくる人がいない!

 

書いてみるとどれもこれも当たり前の事なんですが、異常な環境にいると人間は頭がおかしくなってしまいます。

戦場に行った兵士が日常生活に戻るのになかなか苦労するのと同じでブラック企業に入ってしまった人は、人間的な生活リズムを忘れてしまいそうになります。

 

だからこそ、自分の中で死んでしまうと思ったら計画的に転職などのスケジュールを組んで、今の環境からおさらばすればいいと思います。

 

広告を非表示にする