読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんとなく社会人~日々探耽求究~

ブラック企業からIT業界に飛び込んだ青年が日々の生活をつづっていきます。

一億総奴隷社会

お疲れ様です。

皆さん、虎視眈々といろんなチャンスを狙っているderacineです。

 

 

さて、今回は日本の社会体制の問題点についてとりあつかっていこうと思います。

なぜ気になったのかについては下記の記事を見て正社員制度に対して疑念を持ったからです。

www.b-chan.jp

 

 

この記事の中では能力のない正社員は既得権益にすがりつくといった事が書かれています。そして最近の記事では、正社員制度を撤廃して雇用の流動化を狙おうという事を新聞の記事などでも多く見かけるようになってきました。

 

しかし、労働者側と企業が考える事はお互いに自分の利益になる事です。

 

その中で正社員制度撤廃が起きたらどうなるでしょうか。

そういった事が脳裏によぎったので私の少ない知識なりにこれらの疑問を解消していきたいと思います。

 

機会主義的な企業の行動

 

 

 

以前、大学の経済の講義で学んだことですが、「企業というものは利潤を追求するための営利団体に他ならない。そのためにはいろんな方針を立てる。

具体的には企業はM&Aによる吸収合併、寡占や独占を行っています。

そして、民間企業であれば業績が悪くなることによって金銭のかかる正社員を首にして

同じ能力でも賃金が安い派遣社員契約社員を雇う事を考えます。

理由は明白です。

その方が稼げるからです。

現在の法律では正社員を解雇するにはよほどの事が無い限り難しいと感じます。

しかし、正社員に関する法律が変われば簡単に解雇を行う事ができます。

企業側の視点としては代替可能なロボット感覚でぽんぽん人を変えようとしてきます。

 

現在、就職市場は一時的な円安によって改善されています。

けれども、大規模リーマンショックのような出来事が起きたらどうなるでしょうか。

派遣切りといった事がいともたやすくえげつなく行われます。

 

ニュースや新聞の記事では少子高齢化を防ぐためには雇用の流動化および移民の実施をしたほうがいいとありますがあれが建前です。

 

経営者側からしてみれば稼げればいいわけです。

 

罰則規定などもちゃんと管理されていない今、新しい制度を実施したらどうなるのでしょうか。

 

予想されるシナリオを簡単に考えてみました。

制度実施→正社員は一部だけにしてそれ以外はポンポン解雇→失業者があぶれる→

他の企業へ行こうとしようとする→契約社員派遣社員として以前より悪い待遇で雇う

→役員や派遣会社のみが儲かっていく→食うに困れば犯罪に走る輩が現れる→

治安悪化。

 

これだけでも十二分に想像力豊かだと考えられるかもしれませんが、移民政策で外国人の就労や戸籍などにも細かい制限を設けずに行うと恐ろしい事になります。

 

だからこそ、正社員制廃止には反対です。

 

次、現代社会で生き残る方法を紹介していきます。

現代社会で生き残る方法

 

①常に自分を磨く。

→見た目でも学力でも性格でも他者にはない力を手に入れる。

 

自分磨きという言葉がありますが、これは非常に重要です。

なぜならば、一芸は身を助るからです。

具体的には、難しい資格の勉強を行った上で実際の仕事にそれを生かしたりすることです。

 

②多くの人と話す。

→コミュニケーション能力といえばいいのかわかりませんが直接会って話す習慣が減ってきた今、相手の考えていることをうまく汲み取れない人が体感ですが増えてきました。原因は親や周囲の人とあまり話さないからです。

 

どんな活動でもそうですが情報収集・分析ができないと苦労してしまいます。

 

情報やコネを得るうえで、多くの人と話すことは必要不可欠になってきてしまいます。

そして、一人で考えすぎると情報は凝り固まってしまい、偏見が発生するようになります。

これを改善するためには積極的に自分から情報を発信していく必要があります。

そして議論をした上で問題をひとつずつ解決していかなければなりません。

 

 

 

広告を非表示にする