なんとなく社会人~日々探耽求究~

ブラック企業からIT業界に飛び込んだ青年が日々の生活をつづっていきます。

求人詐欺にご注意!!!!

皆さん、お疲れ様です。

風呂掃除中にカビハイターのガスで自分を消毒してしまったderacineです。

 

さて、今回は求人詐欺について書いていきたいと思います。

 

 

求人詐欺

まず、求人詐欺の定義から語りたいと思います。

簡単に言うと「求人票と実際の契約が違うこと」です。

 

ハローワークや転職サイトなどで紹介されている求人票を見てみると

「月給30万」や「年間休日125日」と書かれていますが、

実際に面接に行くと多少持っている会社は多く存在します。

それだけならまだいいんですが、先日私が内定をいただいた所はひどいものでした。

 

次の段落では、実際に私が遭遇した事例を元に対応策等を説明していきたいと思います。

 

 

実際に遭遇した求人詐欺について

 

どういった部分が詐欺だったかということを簡潔に書いていきます。

 

 

========================================

求人詐欺 内容 

データ 実際

 

基本給:23万、経験者は27万→契約書には20万を切る給料を記載。

 

仕事内容:業界の上流作業に携われる→ルーチンワークで将来的なスキルが身につかない

 

休日:120日で有給あり→具体的に聞くと内容をぼかす。

 

========================================

詳細が気になる方は下記をご覧ください。

 

 

 

これだけならまだいいんですけれども、

 

実態はもっと恐ろしかったです。。

 

以下、小説っぽく書いてみましたので気になる方はご覧ください

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

とあるオフィスの一室



「・・・・・・!」
雇用契約書を見つめながら、男の額に一筋の水滴が浮かぶ…



「さっきから浮かない顔をしているね…君」
雇用契約書を差し出してきた相手は笑顔だが警戒するように腕組みをしている。

時間は数十分前ほどに遡る----

「こんばんは、本日、雇用契約の手続きにて参りました○○○○○○です」
インターフォンを押しながら、背中に染み出た汗をハンカチでぬぐいながら
相手の反応を待つ。

「あ、いらっしゃい。ちょうどいい時間にきたね。」
「じゃあこっち側に来てもらえるかな?」
声の主がドアを開けて、男を招きいれる。
小ぶりではあるがきれいなオフィスの応接室に案内されて男の胸は高鳴っていた。
(月給大幅アップと上流工程の案件に携われる!!!!)
表面上、冷静を保っていたが彼の上機嫌は誰が見ても分かるほどだった。

応接室で促された適当な椅子に座る。
「あ、じゃあ業務の説明した後に雇用契約書にサインしてもらおうかな」

そう、ここまでは順調だった…
業務の説明と雇用契約書を書くまでは。

「じゃあまず業務の内容から説明するね」
「基本日勤でとある場所に君には出向してもらおうと考えている。
  そこの業務は楽で基本的に・・・」
  となるべく抽象的な感じに話を進めていく。
 
(なんだかこの業務怪しいぞ…本当に上流工程の知識が身につくのか?)
 心の中で男は疑問に感じながら、話の腰を折るのは悪いと思い
 最後まで真剣なまなざしで聞いた。
 
「で、次にこれが雇用契約ね、読んだらサインしてね^^」

男も笑顔で受け取り、雇用契約書に目を通した結果
時間は現在まで巻き戻る----


「どうしたの?早くしてね^^」

「すみません、質問を数点よろしいでしょうか?」

「なんだい?」

「業務についてですが・・・」

「あぁ最初に言ってた話は後からやってもらおうと思っている業務だよ」

(こいつ俺様を騙す気だな)
男の目の奥で闇の気配がうごめきだす。

「次に、質問なんですが基本給に関してなんですが…当初約束されていた
 給料とすこし違うようなきがするのですが…」
 
とたんに相手の顔が曇る
「ア、あ~それはね~・・・」
要領を得ないしどろもどろの回答が出て、男の疑念は確信に変わった。

(とりあえず寝堀り葉堀聞くか)
その後も男はできるだけ、相手に条件等について詳しく尋ねた。
しかし、男が期待していた回答は得られず質問は徒労に終わった。
 
  そう簡単に言えば、彼は騙されたのだ。
  当初の約束では基本給30万で手取り25、6万くらいになるように調整するという話であった。
  して、実際の給料は20万いかないということであった。
  そうなったらもう行動は早い。
 
 
「そろそろ、契約書にサインしてくれないかな?」
相手が若干怒気を孕んだ声で、気圧すように男を見つめる。

普通の人間であればここで挫けてサインしてしまうだろう。
しかし、相手が悪かった。

「すみません、ちょっと考えてきていいですか?」
男は人懐っこい屈託のない笑顔でさわやかに反応した。
彼は多くの修羅場を経験してきた。
彼の経歴について語るのはまた別の話。

「じゃあ明日まで待つよ~」
機嫌が悪そうに相手が言い放つ。

「明日の7時ぐらいにまた伺いますので~」
その後、男はメールにて内定辞退の連絡を入れた。 


「誰が行くかよ!!!クソッタレ!!!!」

fin

----------------------------------------------------------------------------------------------

 

こんな感じでした。

 

具体的な対応策について

大体気づくのは雇用契約書をサインするときなので

そのときに相手に詳しく質問をすればいいかと思います。

 

最大の対策としては

 

雇用契約書にサインをしない

 

これにつきます。

 

 

広告を非表示にする