読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんとなく社会人~日々探耽求究~

ブラック企業からIT業界に飛び込んだ青年が日々の生活をつづっていきます。

器用に生きるのは難しい。

こんばんは、やっと散髪できたderacineです。

 

美容室っていいですね、いろんな客層のお客さんがいて世間話から真面目な話題まで

雑談をする形で話せるので…

 

その中でも人を助けるか、助けないかで今日はかなり収穫があったなと感じました。

 

仕事などをやっているとへまをする人がでたりして、たまに回らないことがあるとかいう話題でそのとき、フォローするかしないかで議論めいたものになったんですが、

 

自分に出来る範囲でフォローすればいいのではない?

 

という形で言われて何も言い返す事ができませんでした。

 

仕事をしているとき、自分の作業が終わって同僚がミスをしてフォローをしていたんですが、毎回手伝っていると失敗することが前提みたいになってしまって

その人の評価を下げてしまうんですよね…

 

だから、どうしてもミスが許されない作業以外は手を出したくなっても、

ぐっとこらえて見守っているんですが、目の前で叱責されているのを見るとどうしても

放っておけなくなってしまってw

 

最適解は自分の中で出ているはずなのに、どうも心がしっくり来ない。

 

哲学にも使われるような題材なのでどうしても難しいんですが、

葛藤しながらもそのときそのときで一番状況にあった判断を下せるようにがむしゃらに

生きていこうかなと思います。

 

これに個人的に近いなというのが、

仏教用語の無一物(すべて空であるから、執着すべきものは何も無い)

で、後悔しないような生き方が不器用なりにできればなぁと(笑)

そうすれば勝手に自信はついてきそうな気がして…w

 

次回は美容に関する内容でも書いていこうかなと思います。

 

 

ブラック企業を辞めてから今の会社に入るまで

お疲れ様です、皆さん。

最近、気温のせいかタフマンをガブ飲みしたら夜に具合が悪くなったderacineです。

 

さて、今回は前職を辞めてから今回の会社に入るまでの軌跡を語っていこうかと思います。

 

主なフローチャート

 

4月:期待に胸をふくらませ前職の会社に就職する。

 

5月:友人達との業務内容、残業時間を比較して、退職準備および転職活動をスタートする。

 

6月:最終面接まで残るようにもなるも、理想と現実のギャップと急激な環境の変化で疲れる。

 

7月:いわゆる中だるみ期、大学の後輩のところにたまに遊びに行くも

大学時代の同期との再会でやる気を取り戻す。

 

8月:内定を無事勝ち取る

 

9月:入社、研修をスタート。畑違いの分野ではあるが、内容は非常に充実していると

生の実感を得る。

 

10~12月:今の職場に配属。当初、いろいろな要因が重なって体調を崩す。

 

1月~現在:仕事自体は順調、人間関係は多少不満があるが自己の中に闇をため込み、ボクシングやランニングに精を出すことで解決。

 

こんな感じになります。

結果的に見れば転職は成功だったとおもいます

何が成功だったかなと考えれば

・ちゃんと労働基準法を守る→普通守りますが笑

・報告・連絡・相談さえしてれば、特にねちねち言われることもない!

・暴力をふるってくる人がいない!

 

書いてみるとどれもこれも当たり前の事なんですが、異常な環境にいると人間は頭がおかしくなってしまいます。

戦場に行った兵士が日常生活に戻るのになかなか苦労するのと同じでブラック企業に入ってしまった人は、人間的な生活リズムを忘れてしまいそうになります。

 

だからこそ、自分の中で死んでしまうと思ったら計画的に転職などのスケジュールを組んで、今の環境からおさらばすればいいと思います。

 

ブラック企業に入った結果wwwwww退職編

会社を辞めたい。

しかし簡単には辞めさせくれない。

法律上では14日前に言えば辞めれることになっているけど…

後腐れなく転職活動をしたい。

そう思った私がとった行動は…

 

病気のフリして会社を脱出する。(半分本当、半分嘘だけどw)

 

現場に行った際に具合悪くなって、だんだんと顔を土気色にするためにいろいろと頑張りました。

 

内容としては上記にあげた病気のフリ以外に深刻そうな顔で家庭の状態を話す

                  ↓

明らかにお先真っ暗などんよりオーラを出す

                  ↓

会社を休んで病院に行く

                  ↓

めでたく抑うつ状態扱い!

                  ↓

君はここでは働かせられないなぁ

                  ↓

所長と役員の方を含めた面談でグラミー賞ばりの演技をして正式に退職を表明

                  ↓

転職の準備をしていたので、計画に若干の変更はあったけどうまく事が解決しました。

(労災扱いで退職金ももらえて、いやな上司も闇の国へ出荷~)

 

かなり端折ったけどこんな感じで逃げ出すことに成功しました。

 

次回は辞めてから今までの軌跡についてつづっていこうと思います。

 

ブラック企業に入った結果wwww激闘編

前回までのあらすじ

新卒切符(笑)をうっかり逃してブラック企業にうっかり入ってしまった青年は上司から総務職ではなく別の職で働くように言われる。

 

---------------------------------------------------------

「うーん、まァ仕方ないよね。会社ってそういうところだもん」

と心の中で毒づきながら、

表面上は満面の笑顔と迫真のイケボで

「はい、承知いたしました^^」

と快諾したフリをしました。

 

で、現場に行くための研修という名の合宿に参加したら前時代的過ぎて…w

その合宿の異常な点を列挙すると

・朝の4時半に起床、5時に集合。一人でも遅れたら皆で正座&説教(だるかったからグラミー賞ばりの演技で正座から逃げてトイレでネトゲやってたけど笑)

・終わるのは夜の12時、講義内容は洗脳的学習(今度、何か事業興す時真似しようかなと思いました笑)

・合宿に参加している人達の会話が下世話すぎてハハッとしか笑いがでない。

・宿は動物園状態でうるさく寝れないから寝かしてあげました^^

 

といった感じでした。

これだけで終わりだったらまだよかったけど

現場研修にいったらすごかった。

歓迎会という名の闇の洗礼

「好きなもの頼んでいいぞ→俺が頼んでいるんだよ!殺すぞ(何も頼んでないのに酔っ払いにからまれる始末)」

優しそうな先輩「元受じゃないなら早めに別の会社行ったほういい」

その日に転職サイトに登録♪

「(御前達が)いつやめるか、俺たちは賭けているんだよ!!!!」

「パチンコで2万すっちゃったから金貸してくれない?」

といった叩けば埃しかでないような連中の相手をしてました。

でも一番すごかったのは

 

ガシャーン!!!!!(1HIT!!!)

 

 

 

なんと工具で頭を殴られました。

しかも危ないからとかではなく

「なんとなく殴った、俺は悪くネェ」

( ゚д゚)ポカーンとなりました。

 

こういった人の道に反する事をされることが多かった結果

 

「あ~だりぃ辞めるか」

 

しかし、ブラック企業そう簡単には辞めさせてくれない。

 

次回、退職編に続く。

 

ブラック企業に入った結果wwwwww入社編

皆さん、こんばんは。

今回は以前の日記でも話していたブラック企業について書いていこうと思います。

 ---------------------------------------------------------------

 

就職氷河期を少し乗り越えて、少し売り手市場だった2014年に就職活動を私は行っていました。

 

当時、履歴書などの対策を自分の要領の良さを過信した結果、何社も落ちて

メンタルがボロ雑巾のようにボロボロになっていたところに

その求人はやってきました。

 

大手就職活動用サイトで偶然よさそうな求人を見つけた私は、ブラック企業には入るまいと、現地の人にその会社はどんな会社かといったことを自分の目で確かめにいったり聞いたりしてました。

 

募集職種も希望の総務職であったので、なんとか志望動機を作って内定を取ることができました。

 

晴れ晴れとした気分で就職活動を終えてゼミの後輩にゼミ長としての立場からちょっと天狗になったアドバイスをしてて今思うと本当に愚かだったなぁと笑

 

 

ところが、急に人生に暗雲が立ち込めてきました。

 

懇談会という名目で現場で働いている人達との飲み会に参加した際はみんな楽しく会社のことをほめていました。

 

なんとなく違和感を感じていましたが、気づいていたら4月になっていて

総務職として勤務することになりました。

 

しかし、上司から

『人が足りないからから、配置転換によって現場にいってくれ^^」

 

この一言で私は地獄に落とされることになったのです。

 

激闘編に続く…

資格試験を受けた結果

こんにちは、皆さん

資格試験の前の日は遠足前の小学生ばりの緊張であまり眠れませんでした笑

 

さて、今回は資格試験を受けた結果と感想をお伝えしたいと思います。

 

結果

キェェェェェェアァァァァァァウカッタァァァァァァァ!!!

はい、受かりました笑

受けたのはITILとかいう運用系の資格です。

内容としては運用に関する概念とサービスの概n(意識が高くなりすぎるのでここら辺で割愛します)

興味がある方はITIL Foundationで検索してみてください。

試験対策はping-tとかいう勉強用のサイトが非常にいいです。

感想

日本語が不自由な問題ばかりでてくるとあったので

ノリと余興で言語は英語で挑みましたが、なんとなく難しいと感じました。

内容自体は難しくないんですけど笑

説明文がまどろっこしい!!!!!!

これに尽きます。

 

次は、情報セキュリティマネジメントの資格を取得していきたいなぁと思っています。

 

次の日記の内容はブラック企業に入ってしまって得たものと失ったものにしようと思います。

 

それではまた~

 

 

人に物を教えるって難しい~

とある建設会社の一室

???「これから工程会議を行う!!!!」

「新人君、安全方針について何かいうことはあるか?」

「この0.8tの鉄板に指をはさむ可能性があると思います。」

営業所長「まさかぁ…」

「若いんだから調子に乗っているんじゃネェよ!!!」

「殺すぞ!!!」

 

この一ヵ月後事件は起きた ~fin~

 

-----------------

なーんて笑

前職の思い出したことをコントっぽく書いていたらこんな時間でした笑

 

いきなりなんですが、今日は後輩に仕事教えていました。

 

あんまり教えるの得意じゃないんですが笑

 

で、教えていたらいつまで立っても仕事が分からない人には共通点があるなって事に気づきました。

 

具体的に言うと

①話を聞いているフリをして、メモだけとって中身は右から左へ馬耳東風

②報告連絡相談ができない。

 

正直いってどっちもアレなんですけど

②の場合は上司に怒られることを怖がっていたのかなぁって

 

20歳超えた人間にしかったとしても、人格否定にしかならないから

諭すように教えるしかないかなぁと思いました。

 

怒らないで諭すように教えていたら報告連絡相談を普通にやってくれて

楽しい残業()にならずにすみました笑

 

酒飲みすぎて頭まわらなくなってきたのでまた明日。

 

おやすみ

 

 

 

 

 

 

 

こんばんは

ストレスたまってスタ丼3倍増しを貪って、まどろんでいたらこんな時間になってしまいました。